部屋干し臭を抑える工夫

ハッピーケアメンテを提供している株式会社ハッピーの公式サイトには、部屋干しする際の工夫が記載されています。ハッピーケアメンテは衣類の汚れをしっかり除去する洗浄方法を採用しているため、部屋干しについてのノウハウもある会社です。デリケート衣類はハッピーケアメンテに依頼しながら、普段着る衣類のお手入れはハッピーケアメンテで推奨する洗い方を利用してみましょう。

部屋干しでニオイが発生する原因は、衣類に汚れが残りそれらを餌に繁殖する菌だといいます。体からの汚れにはたんぱく質や皮脂があるため、これらが衣類に付着します。その原因菌とはモラクセラ菌と呼ばれるもので、衣類の汚れをしっかり落とすことが、ニオイ対策になるのです。モラクセラ菌自体はどこにでもいるありふれた菌のため、誰でも洗濯物をしっかり洗わないと、部屋干し臭がしてしまいます。

ハッピーケアメンテのサイトで紹介されている意外と多い間違いが、洗濯機に必要以上の衣類を詰め込んでしまうことや、洗剤の使い過ぎです。洗濯層に入れることができる洗濯物は、重さではなく体積で考える必要があります。軽い衣類でもふんわりとしたものなら、枚数を多く入れることはできません。洗濯物を軽く押さえて6~7分くらいが適切な洗濯物の量です。

意外にも洗濯洗剤の量と、汚れ落ちは比例していません。洗剤が多いと汚れ落ちが良いように感じてしまいますが、多すぎれば溶け残りの洗剤ができて、洗濯層にカビを生えさせる原因となります。色落ちを引き起こすものもあるため、適切な洗剤の量が重要です。ハッピーケアメンテに衣類の洗浄を依頼すると色落ちしないのも、洗濯物に合わせた洗浄方法を選択しているからだといえます。

綺麗に洗った洗濯物でも、すぐに乾かさないと雑菌が繁殖する原因となります。部屋干しする際には、洗濯物を洗濯機の中に長時間入れっぱなしにしないのがコツです。屋外に干すことが出来ない場合は、できるだけ洗濯物の通気性も考える必要があります。洗濯物の間を空けて、風通しの良い場所に干しましょう。

また、洗濯物の温度管理も重要です。シルクやウールなどのデリケート素材は、水温が高いとダメージを負いやすいため注意しましょう。家庭で洗う自信がない場合は、無理せずにハッピーケアメンテに依頼するのがおすすめです。水温は40℃までが限界で、それ以上は縮みや色落ちの原因となります。洗剤の界面活性剤がよく働く温度とは、人肌位と覚えておきましょう。