裏地の仕上がりの美しさ

ハッピーケアメンテの洗浄やプレス作業は、裏地にまでこだわっています。衣類に使われる裏地は、表地とは異なる素材のため手入れが難しい部位です。表生地に合わせるだけでなく、裏生地に対する洗浄方法と、プレス作業が必要となってきます。間違った洗浄法を使うと裏地の縮みの原因ともなるため、高級ブランド品ほど慎重に洗わなければなりません。

また、異なる生地の裏地をプレスするには、一度に行うことはできません。ハッピーケアメンテでは表地と裏地の生地の違いを考えながら、職人が手作業でプレスする方法を取っています。機械でのプレス作業では、生地によって使い分けることができず、繊維に応じたアイロンのかけ方ができません。ハッピーケアメンテで採用しているのは、人体工学に基づいたアイロンプレスツールです。これにより衣類ひとつずつの特徴を把握しながら、立体的なプレス作業が可能となっています。

ハッピーケアメンテのプレス作業なら、裏地のプレス作業が美しいのはもちろんのこと、裏地が重なり合い見えない部分の仕上がりも変わります。例えばアームホームのワタ、ポケットの裏側など、普段私たちが見ることができない裏地にまでこだわって仕上げてくれるサービスです。丁寧なプレス作業は仕上がりが違うため、衣類をいつまでも大切に着たい、高級ブランド品などの依頼が多くなっています。

ハッピーケアメンテでよく依頼される高級ブランド品は、裏地の機能性にもこだわったものが多くみられます。裏地は着用した際の着心地に左右しやすく、適切な衣類にはゆとりが設けられているのです。裏側から見ると裏地に余分な部分があるため、一見不良品にも見えてしまいます。しかし、裏地には適度にゆとりがあったほうが、着た際の着心地が変わってくるのです。裏地の作り方は職人の技で変わり、適度にダーツなどを取り、ゆとりを持たせています。

裏地に適度なゆとりが生まれていると、スーツなどを着た際に動いても表地が引きつれることがなく、着心地の良さが出ます。高級ブランドスーツではこのような工夫がされており、外観だけでなく着たときの心地よさにもこだわっているのです。だからこそ洗浄法やプレス作業が難しく、ハッピーケアメンテのように衣類ひとつずつの作業にこだわっている業者が選ばれています。裏地があるスーツなどの衣類は、仕上がりの良さを考慮してハッピーケアメンテを活用してみましょう。裏地まで違うことを実感できるはずです。