衣類の黄ばみや色焼け

クリーニングから返ってきた衣類を、一度も袖を通さずしまっておいたのに、色焼けしていることがあります。白い衣類は黄ばんでしまい、濃い色の衣類は紫色に変色している状態です。これらは黄ばみや色焼けと呼ばれるもので、クリーニングから返ってきた衣類ではたまにみられるものです。この原因は染料分子の化学変化によるもので、汗、紫外線、ガスなどの影響を受けています。

ドライクリーニングでは汗まで落とすことは難しいため、黄ばんでしまいます。汗にはミネラルやアミノ酸、尿素などの成分が含まれます。これらの成分が衣類に残ったまましまうと、染料を分解して、紫外線による影響も加わり、変色の原因となってしまうのです。日本は高温多湿の地域で、夏には汗をかいてしまいます。汗をかいた状態の衣類をクリーニングに出すと、汗の成分が残り黄ばみや変色の原因となるため注意が必要です。

ハッピーケアメンテなら、水洗いによるケアが利用できるため、汗を残さす衣類のお手入れができます。また、ハッピーケアメンテでは衣類のお預かりサービスもありますから、衣類にとって最適な環境で管理が可能です。ハッピーケアメンテのサービスでは、衣類を物として扱わず、お客様の分身として扱うため、最適な保管をしてくれます。温度や湿度を保つクリーンルームで管理し、紫外線の影響もありません。ハッピーケアメンテでは洗浄してから保管しており、汗による影響が少ないといえます。

また、万が一色焼けしてしまっても、ハッピーケアメンテサービスを利用し、衣類の黄ばみとりから、染め替えまで利用することができます。ハッピーケアメンテのリプロンのサービスでは、あきらめてしまいがちな衣類の黄ばみにも対応が可能です。どの程度の修復が可能か、カウセリングで判断してくれますから、あきらめずに一度診断してもらうと良いでしょう。

衣類の色焼けは、蛍光灯による影響もあるため、家庭では完全にシャットアウトすることは難しいでしょう。蛍光灯にも紫外線を帯びているため、屋外に衣類を置いておくのと同様の影響を受けているのです。蛍光灯による影響はごくわずかではありますが、長時間蛍光灯を浴び続けることで、変色の原因となることがあります。家庭での対策は、汗を残さず適切にケアすることです。水洗いが難しい衣類だと、汗をかいても陰干ししただけで放置してしまうことがあるでしょう。お手入れが難しい衣類でも、ハッピーケアメンテなら水洗いが可能なため、汗をスッキリさせてから保管することができます。