襦袢のお手入れ方法

着物には襦袢と呼ばれる、下着の役割を持つ衣類があります。襦袢は素肌に身に付ける着物のため、着物の汚れ移りを防ぐことが可能です。保温の役割も持ち、着物と重ねることで裾さばきを良くする目的もあります。襦袢は下着の一種ではありますが、様々な柄が付けられ、袖口から見える柄でオシャレを楽しむ衣類です。襦袢には冬用や夏用など、季節によって衣替えを行います。夏に選ぶ襦袢は、夏の着物が薄いため淡い色を選ぶ必要があります。丈にも注意が必要で、透けたときの長さを考慮して選びましょう。

着物には襦袢のように肌に触れる衣類が存在しているため、襦袢はどうしても汚れてしまいます。汗を吸い取った状態で、そのまま陰干ししただけでは、翌年襦袢を出した際に黄ばんでいることがあるでしょう。夏には襦袢だけでなく着物も汗で汚れているものです。着物を長く着るには、汗による黄ばみを防ぐことが大切だといえます。着物や襦袢はお手入れが難しいからと、陰干しだけで済ましている方もいるようです。そのような方におすすめなのが、ハッピーケアメンテの着物のメンテナンス法です。

ハッピーケアメンテは、着物を解くことなく洗浄できる方法を確立しました。ハッピーケアメンテでは、水洗いを用いているため、水性の汚れである汗もすっきり落とします。ハッピーケアでの洗浄法とは、無重力バランス洗浄法です。ハッピーケアメンテやり方なら、着物を解くことなくそのまま洗うことが難しいとされる着物でも、水洗いすることができます。衣類へ機械的な摩擦を加えず、水流のみで洗う方法のため、繊維へのダメージが少ない方法です。そのためハッピーケアメンテでは、着物の洗浄にも適しており、大切な着物を守ります。

また、襦袢には季節によって素材も異なるものです。11月~4月までは、袷という胴の部分に裏地を付け袖の裏に表地と同じものを付けたもの、袖無双と呼ばれる胴は単衣で袖の裏地は表地と同じものを使用したものを着ます。5月~10月までは、単衣という胴と袖には裏地を付けない襦袢が用いられているでしょう。夏になれば生地が麻などに変わり、単衣と同じような構造で仕立てられています。このように襦袢にも種類があるため、使い分けしながら同時に洗浄する必要があります。衣替えの時期にハッピーケアメンテでお手入れしておけば、翌年も黄ばみがない綺麗な状態で着ることが可能です。何年も着物を着続けるには、ハッピーケアメンテのような適切なお手入れが必要となります。

衣類の黄ばみや色焼け

クリーニングから返ってきた衣類を、一度も袖を通さずしまっておいたのに、色焼けしていることがあります。白い衣類は黄ばんでしまい、濃い色の衣類は紫色に変色している状態です。これらは黄ばみや色焼けと呼ばれるもので、クリーニングから返ってきた衣類ではたまにみられるものです。この原因は染料分子の化学変化によるもので、汗、紫外線、ガスなどの影響を受けています。

ドライクリーニングでは汗まで落とすことは難しいため、黄ばんでしまいます。汗にはミネラルやアミノ酸、尿素などの成分が含まれます。これらの成分が衣類に残ったまましまうと、染料を分解して、紫外線による影響も加わり、変色の原因となってしまうのです。日本は高温多湿の地域で、夏には汗をかいてしまいます。汗をかいた状態の衣類をクリーニングに出すと、汗の成分が残り黄ばみや変色の原因となるため注意が必要です。

ハッピーケアメンテなら、水洗いによるケアが利用できるため、汗を残さす衣類のお手入れができます。また、ハッピーケアメンテでは衣類のお預かりサービスもありますから、衣類にとって最適な環境で管理が可能です。ハッピーケアメンテのサービスでは、衣類を物として扱わず、お客様の分身として扱うため、最適な保管をしてくれます。温度や湿度を保つクリーンルームで管理し、紫外線の影響もありません。ハッピーケアメンテでは洗浄してから保管しており、汗による影響が少ないといえます。

また、万が一色焼けしてしまっても、ハッピーケアメンテサービスを利用し、衣類の黄ばみとりから、染め替えまで利用することができます。ハッピーケアメンテのリプロンのサービスでは、あきらめてしまいがちな衣類の黄ばみにも対応が可能です。どの程度の修復が可能か、カウセリングで判断してくれますから、あきらめずに一度診断してもらうと良いでしょう。

衣類の色焼けは、蛍光灯による影響もあるため、家庭では完全にシャットアウトすることは難しいでしょう。蛍光灯にも紫外線を帯びているため、屋外に衣類を置いておくのと同様の影響を受けているのです。蛍光灯による影響はごくわずかではありますが、長時間蛍光灯を浴び続けることで、変色の原因となることがあります。家庭での対策は、汗を残さず適切にケアすることです。水洗いが難しい衣類だと、汗をかいても陰干ししただけで放置してしまうことがあるでしょう。お手入れが難しい衣類でも、ハッピーケアメンテなら水洗いが可能なため、汗をスッキリさせてから保管することができます。

春におすすめの衣類のケア

春は衣替えの季節で、衣類のお手入れをしなければなりません。冬に着た衣類の管理方法から、春から着る衣類のお手入れも必要となってきます。これからしまう衣類は、汚れを取ってから収納するようにしましょう。汗が残ったままだと、時間の経過により黄ばんでくることがあります。水洗いが難しい衣類のケアは、ハッピーケアメンテでの水洗いがおすすめです。無重力バランス洗浄技術により、機械的な摩擦を加えず水洗いできるため、水洗い不可となる衣類にも対応することができます。

ハッピーケアメンテについてはWikipediaをチェック!

これから収納する衣類は、湿気を取ることも重要です。また、すでにクローゼットにしまわれている衣類も、同じように湿気の影響を受けるため、クローゼットは2~3週間に通気を良くしましょう。必要であればクローゼットから一度取り出し、虫干しすると衣類の持ちが良くなります。衣類の保管方法に不安がある方は、ハッピーケアメンテの衣類保管サービスがおすすめです。適切な温度と湿度の環境で保管してくれるため、大切な衣類を手間なく守ることができます。紫外線の影響もない場所のため、家庭では得られない保管が可能です。

家庭での衣類の保管では、防虫剤の使用に注意しましょう。異なる防虫剤を同時に使用すると、衣類にシミがつく恐れがあります。使用する場合は1種類にとどめ、複数の薬剤が混ざり合わないようにします。防虫効果を高めるなら、ハッピーケアメンテの衣類保管サービスもおすすめです。防虫剤を混ぜてしまう心配がなく、管理は衣類を扱いなれているプロにお願いすることができます。

また、ほかにもハッピーケアメンテのシミプロテクトバリューONもおすすめです。衣類にシミを付きにくくする加工方法で、シミが付いてしまっても繊維に浸透するのを防ぎます。シミが付いても落としやすくなるため、お手入れが楽になるでしょう。紫外線の影響を受けはじめる春には、ハッピーケアメンテのUVカットバリューONもおすすめです。衣類に紫外線対策を施しておけば、皮膚に対する紫外線の影響も軽減できます。淡い色を着る機会が増える春は、UVケアによって衣類による変色を防ぐことがポイントです。

春の衣替えの時期は、たくさんの衣類のケアが必要となり、作業が大変です。ハッピーケアメンテでは汗まですっきり落とす洗浄法から、衣類の保管サービス、衣類に加工をして長持ちさせる対策までできます。ほかにもハッピーケアメンテでは、風合いを取り戻す方法や、シミ抜き、補修サービスなど衣類のケア全般を扱っているため、大切な衣類を預けてみましょう。

部屋干し臭を抑える工夫

ハッピーケアメンテを提供している株式会社ハッピーの公式サイトには、部屋干しする際の工夫が記載されています。ハッピーケアメンテは衣類の汚れをしっかり除去する洗浄方法を採用しているため、部屋干しについてのノウハウもある会社です。デリケート衣類はハッピーケアメンテに依頼しながら、普段着る衣類のお手入れはハッピーケアメンテで推奨する洗い方を利用してみましょう。

部屋干しでニオイが発生する原因は、衣類に汚れが残りそれらを餌に繁殖する菌だといいます。体からの汚れにはたんぱく質や皮脂があるため、これらが衣類に付着します。その原因菌とはモラクセラ菌と呼ばれるもので、衣類の汚れをしっかり落とすことが、ニオイ対策になるのです。モラクセラ菌自体はどこにでもいるありふれた菌のため、誰でも洗濯物をしっかり洗わないと、部屋干し臭がしてしまいます。

ハッピーケアメンテのサイトで紹介されている意外と多い間違いが、洗濯機に必要以上の衣類を詰め込んでしまうことや、洗剤の使い過ぎです。洗濯層に入れることができる洗濯物は、重さではなく体積で考える必要があります。軽い衣類でもふんわりとしたものなら、枚数を多く入れることはできません。洗濯物を軽く押さえて6~7分くらいが適切な洗濯物の量です。

意外にも洗濯洗剤の量と、汚れ落ちは比例していません。洗剤が多いと汚れ落ちが良いように感じてしまいますが、多すぎれば溶け残りの洗剤ができて、洗濯層にカビを生えさせる原因となります。色落ちを引き起こすものもあるため、適切な洗剤の量が重要です。ハッピーケアメンテに衣類の洗浄を依頼すると色落ちしないのも、洗濯物に合わせた洗浄方法を選択しているからだといえます。

綺麗に洗った洗濯物でも、すぐに乾かさないと雑菌が繁殖する原因となります。部屋干しする際には、洗濯物を洗濯機の中に長時間入れっぱなしにしないのがコツです。屋外に干すことが出来ない場合は、できるだけ洗濯物の通気性も考える必要があります。洗濯物の間を空けて、風通しの良い場所に干しましょう。

また、洗濯物の温度管理も重要です。シルクやウールなどのデリケート素材は、水温が高いとダメージを負いやすいため注意しましょう。家庭で洗う自信がない場合は、無理せずにハッピーケアメンテに依頼するのがおすすめです。水温は40℃までが限界で、それ以上は縮みや色落ちの原因となります。洗剤の界面活性剤がよく働く温度とは、人肌位と覚えておきましょう。

裏地の仕上がりの美しさ

ハッピーケアメンテの洗浄やプレス作業は、裏地にまでこだわっています。衣類に使われる裏地は、表地とは異なる素材のため手入れが難しい部位です。表生地に合わせるだけでなく、裏生地に対する洗浄方法と、プレス作業が必要となってきます。間違った洗浄法を使うと裏地の縮みの原因ともなるため、高級ブランド品ほど慎重に洗わなければなりません。

また、異なる生地の裏地をプレスするには、一度に行うことはできません。ハッピーケアメンテでは表地と裏地の生地の違いを考えながら、職人が手作業でプレスする方法を取っています。機械でのプレス作業では、生地によって使い分けることができず、繊維に応じたアイロンのかけ方ができません。ハッピーケアメンテで採用しているのは、人体工学に基づいたアイロンプレスツールです。これにより衣類ひとつずつの特徴を把握しながら、立体的なプレス作業が可能となっています。

ハッピーケアメンテのプレス作業なら、裏地のプレス作業が美しいのはもちろんのこと、裏地が重なり合い見えない部分の仕上がりも変わります。例えばアームホームのワタ、ポケットの裏側など、普段私たちが見ることができない裏地にまでこだわって仕上げてくれるサービスです。丁寧なプレス作業は仕上がりが違うため、衣類をいつまでも大切に着たい、高級ブランド品などの依頼が多くなっています。

ハッピーケアメンテでよく依頼される高級ブランド品は、裏地の機能性にもこだわったものが多くみられます。裏地は着用した際の着心地に左右しやすく、適切な衣類にはゆとりが設けられているのです。裏側から見ると裏地に余分な部分があるため、一見不良品にも見えてしまいます。しかし、裏地には適度にゆとりがあったほうが、着た際の着心地が変わってくるのです。裏地の作り方は職人の技で変わり、適度にダーツなどを取り、ゆとりを持たせています。

裏地に適度なゆとりが生まれていると、スーツなどを着た際に動いても表地が引きつれることがなく、着心地の良さが出ます。高級ブランドスーツではこのような工夫がされており、外観だけでなく着たときの心地よさにもこだわっているのです。だからこそ洗浄法やプレス作業が難しく、ハッピーケアメンテのように衣類ひとつずつの作業にこだわっている業者が選ばれています。裏地があるスーツなどの衣類は、仕上がりの良さを考慮してハッピーケアメンテを活用してみましょう。裏地まで違うことを実感できるはずです。

皆さんはどのように衣類のケアをしていますか?襟元や部屋干し臭など、やはり自宅で出来るお手入れ方法には限界がありますよね。そんなときはプロの手に頼りましょう!